プラスチックおよび使用済プラスチックに係る講義、プラスチックリサイクルに係る実験・工作

一般社団法人 プラスチック循環利用協会

  • 小学校社会
  • 小学校理科
  • 小学校家庭
  • 小学校総合的な学習の時間
  • 中学校理科
  • 中学校技術・家庭
  • 中学校総合的な学習の時間
  • 高校理科
  • 高校総合的な学習の時間
  • 環境教育
  • 理科実験
  • 教材の提供

【プログラムの概要】
○構成⇒講義+実験・工作。
○講義⇒プラスチックとそのリサイクルにつき解説。必要に応じ、3Rカードゲーム、環境問題設問パネルによるグループディスカッション、プラスチッククイズを組み合わせる。
○実験・工作⇒使用済プラスチックがどうリサイクルされるかを参加者自らに体験してもらう。以下出し物の中から適宜選択。
①使用済発泡スチロールの減容化、分離、再発泡の実験
②使用済ペットボトル細片から綿をつくる実験
③比重差による樹脂分別実験
④使用済ポリスチレンカップからキーホルダーを作る工作

【プログラム実施の所要時間】
2~3時間程度(講義・実験・工作の組み合わせにより左記時間以上・以下への伸縮可能)

【必要経費】謝金・・・不要 旅費・・・不要 材料費・・・不要

【実施の際に必要な設備・備品】
AV機器(大型TV、スクリーン、プロジェクター等) 、実験用具(ビーカー)、延長コード 等
会場は、講義+実験・工作ができる場所であること

【URL】
http://www.pwmi.jp/sensei/04_jikken_p.html

【企業・団体等情報】
一般社団法人 プラスチック循環利用協会

【参考PDF】
ポリスチレンカップからのキーホルダーづくり 3Rカード
jikken_1-1 jikken_1-2 jikken_1-3
jikken_2
jikken_3-A jikken_3-B
jikken_4

活動名

プラスチックおよび使用済プラスチックに係る講義、プラスチックリサイクルに係る実験・工作

対象学年 開催可能日 開催場所
小学校4年生、小学校5年生、小学校6年生、中学校1年生、中学校2年生、中学校3年生、高校1年生、高校2年生、高校3年生  平日、土曜日、日曜日、春休み、夏休み、冬休み   
対象学年
小学校4年生、小学校5年生、小学校6年生、中学校1年生、中学校2年生、中学校3年生、高校1年生、高校2年生、高校3年生 
開催可能日
平日、土曜日、日曜日、春休み、夏休み、冬休み 
開催場所
 

お問い合わせ

企業・団体 担当 連絡先(電話番号) 連絡先(メールアドレス)
一般社団法人 
プラスチック循環利用協会 
総務広報部(広報学習支援)  03-6855-9176  suzuki@pwmi.or.jp 
企業・団体
一般社団法人 
プラスチック循環利用協会 
担当
総務広報部(広報学習支援) 
連絡先(電話番号)
03-6855-9176 
連絡先(メールアドレス)
suzuki@pwmi.or.jp 

お問合せ先が表示されていない場合は、文部科学省までお問い合わせください。

一覧に戻る

Program

ニッポンハムの「ウインナー手作り体験教室」

2018年6月7日

  • 小学校家庭
  • 食育
  • 全国

バーチャルリアリティ(VR)を使って何ができるだろう?

2018年6月5日

  • 小学校理科
  • 情報教育・プログラミング
  • 埼玉県

そらべあと一緒に「学ぼう、つくろう!再生可能エネルギー」

2018年5月21日

  • 小学校理科
  • 環境教育
  • 埼玉県

海と船の学びガイド

2018年5月17日

  • 小学校社会
  • 環境教育
  • 施設体験・見学

Amazon experience program for students

2018年5月9日

  • 小学校社会
  • 情報教育・プログラミング
  • 施設体験・見学
MENU
閉じる