Q

ウェブサイトの利用規約について

A

このサイトは、「文部科学省ウェブサイト利用規約」に則り運用されております。
コンテンツについては、文部科学省ウェブサイト利用規約のルールに従い、御利用ください。

 

本サイト内、「学習プログラムを探す」、「賛同企業・団体を探す」のコンテンツについては各企業・団体等からご提供いただいた内容となりますので、文部科学省ウェブサイト利用規約内、「2) 第三者の権利を侵害しないようにしてください」を御確認ください。

土曜学習応援団ロゴマークの使用については、「活用ガイド」内の「『土曜学習応援団』ロゴマークの使用について」を御覧ください。

 

参考リンク:文部科学省ウェブサイト利用規約
http://www.mext.go.jp/b_menu/1351168.htm

Q

取組に対する助成措置はありますか?

A

出前授業に係る講師謝金や旅費等をお支払いできるか、無償でお願いするかは、実施主体である自治体の判断となります。

なお、文部科学省では、自治体が出前授業の講師等に支払う謝金等に対して自治体向けに補助事業を平成26年度より新設しました。

(文部科学省の支援は、上限2,200円/時間)

Q

出前授業等を実施するためにはどうしたら良いですか?

A

まず、企業・団体・大学等の連絡窓口を登録いただきます。学校等からの依頼がありましたら、文部科学省から窓口の方にご連絡し、依頼内容をご確認の上、実施の可否をご判断いただきます。

なお、やりとりを重ねる中で、学校等から直接ご連絡することもあります。

<参考>
・土曜学習の実施主体は、その学校を設置する自治体など。
・自治体では教育委員会の社会教育課等の部署が担当。
・土曜学習だけでなく、夏休み中の平日や、平日や土曜日に実施される授業、放課後の活動における出前授業も実施可能です。

Q

土曜学習応援団になるとどんなメリットがありますか?

A

出前授業等にご協力いただくことで、各企業・ 団体・大学等の強みや社員の経験を子供たちに伝えることができ、次代を担う人材の育成に貢献できます。

また、地域との連携ができ、各社等の取組に対する理解が深まるなど、企業イメージの向上にもつながります。

なお、出前授業の事例等について、文部科学省よりホームページや自治体への説明会などを通じて広く周知させていただくことも可能です。

Q

土曜学習応援団になると何か負担がありますか?

A

出前授業等の講師としてご参加いただいたり、 関連団体・支社等への土曜学習応援団のご紹介等をお願いしていますが、ご賛同に際し、協賛金等の負担をお願いすることはありません。

また、出前授業等については、地域や日時等の条件に応じて、実施の可否をご判断いただけますので、できる範囲でご協力をいただければ結構です。

MENU
閉じる